人気・偏光・ゴルフ・調光、
国産レンズ追加料金0円!

田垣繁晴さんデザインの、ピンクのジーパン(ジーンズ・デニム)

シャツ
無印良品
ガーゼのシャツ・白・M

カットソー
TACHIBASAMI NO BOUKEN(裁ちばさみの冒険)
ボートネックの長袖ボーダーTシャツ・丸い穴・赤・M

TACHIBASAMI NO BOUKENのボーダーTシャツはこちら

パンツ
STUDIO D’ARTISAN(ステュディオダルチザン)
ピンクのジーパン

伊達めがね(クリアサングラス)
眼鏡人間
フレーム:MEGANENINGEN 2 48
レンズ:人気レンズ・クリア

MEGANENINGENのメガネはこちら

ひとりごと

ムジラーおじさんの、宝物。

日本のレプリカジーンズの先駆者、STUDIO D’ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)初代デザイナーの「田垣繁晴」さん。

ファーストモデルの、フレンチワークな「SD-DO1」も、かっこいいし、かわいいけど、

僕は、この「ピンクのジーパン」を愛用(3本)していました。

(おじさんは、デニム・ジーンズではなくて、ジーパンと呼びます。笑)

少しの間ですが、田垣さん時代のマリジュアン(ダルチザン)で、働けたことが、僕の自慢です!

30年ぶりに履く、このピンクのジーパン。

青春時代を思い出して、テンション、アゲアゲになりましたよ!

ちょっと照れくさいけど、また、履くぞ〜!

おまけ

当初、アイキャッチ画像は、

元パンクロックの女友達に、ボーダーTシャツ「だけ」着ていただいて、

右胸に切り抜いた「丸い穴」から、顔をのぞかせる「大切なところ」には、

「ピンク色の口紅」か「ソフトクリーム」で。。。

ちょっとパンチのきいた、画像を、作りたかったんですけどね。

お願いする前に、画像について、少しググって調べてみたら、

過激な画像は、画像の削除だけではなくて、アカウントの削除の可能性もありうる、と。

そこまで過激でもないし「ファッション」としてなので、大丈夫だと思っていたんですけど、

万が一のことを考えて、あきらめていたんですけどね。。。

でも、ど〜しても、あきらめきれず、

一度、投稿(出品)先のSNS(ECモール)に問い合わせてみようと、考え直したんですね。

早速、いちよう、元パンクロックの女友達に、確認しておこうと思って、連絡したら、

速攻「無理っ!」て言われて、

(僕の中では、まさかの想定外。)

OK!だったら、誰でもいい訳じゃなくて、

彼女ならきっと「きれいめパンクファッション感」を、出していただけると、思っていたんですけどね。

残念。。。