日本製メガネブランド専門店

ブランド

MEGANENINGEN(メガネニンゲン)

MEGANENINGEN(メガネニンゲン)

デニムメガネクリエイターがデザインする、鯖江ストリートブランド。
眼鏡に、デニムの「色落ち感」をプラスしました。
今では希少なセルロイド眼鏡に、デニム(レプリカジーンズ)の色落ち感をプラスした、ヴィンテージ眼鏡フレーム。
※セルロイド眼鏡のセルロイド生地とレプリカジーンズのデニム生地には、使えば使うほど体に馴染む、色落ちや艶を楽しむ、といった共通する特徴があります
※今までにない、3面シャーリング粗め加工をすることによって、色落ち感を表現しています

このブランドの商品を見る

PICHI(ピチ)

PICHI(ピチ)

デニムメガネクリエイターがデザインする、鯖江ストリートブランド。
眼鏡に、「ヘビーオンス」デニムの「色落ち感」をプラスしました。
今では希少な「8ミリ」セルロイド眼鏡に、デニム(レプリカジーンズ)の色落ち感をプラスした、無骨なヴィンテージ眼鏡フレーム。
※セルロイド眼鏡のセルロイド生地とレプリカジーンズのデニム生地には、使えば使うほど体に馴染む、色落ちや艶を楽しむ、といった共通する特徴があります
※今までにない、3面シャーリング粗め加工をすることによって、色落ち感を表現しています

このブランドの商品を見る

ALOHA MEGANE(アロハメガネ)

ALOHA MEGANE(アロハメガネ)

HAWAII LOVERS(ハワイラヴァーズ)にはたまらない、超ポップなリゾートサングラス!
かわいいハワイアンカラー、HIBISCUS(ハイビスカス)・SURF(サーフ)・PINEAPPLE(パイナップル)のアセテート生地を、日本のメガネ産地福井県鯖江市の眼鏡職人さんにハンドメイドしていただきました。
※UVカットクリアレンズを標準装備しているので、そのままクリアサングラス(伊達メガネ)としてもお使いいただけます

このブランドの商品を見る

AMIPARIS(アミパリ)

AMIPARIS(アミパリ)

アイウェアは日常的なものだから、もっとも大切にしたいのが「掛け心地のよさ」。これを実現するため、フレームの形状から素材の選別まで、アミパリは全行程に携わる。すべてのユーザーに心地よく使ってもらえるメガネを常に意識したモノづくりが「AMIPARIS」のこだわりだ。さらに、ストレスのないフィット感を提供する形状フレームや素材にまつわる要素は、「機能美」という名のデザインが軸。機能性 × デザインによって生み出されるアイウェアスタイルで、毎日をより楽しく、オシャレに。

このブランドの商品を見る

A’rossvy(ロズヴィ)

A’rossvy(ロズヴィ)

「Guys with Attitude」
奴らは自分達【己】のポリシー【信念】を持っている。

このブランドの商品を見る

bonbonniere(ボンボニエール)

bonbonniere(ボンボニエール)

優しく、大人カワイイ キッズフレーム

このブランドの商品を見る

DUN(ドゥアン)

DUN(ドゥアン)

超弾性 次元を超えた軽さとホールド感
DUNは全シリーズにゴムメタル
「GUMMETAL」は、トヨタグループのシンクタンクである豊田中央研究所が開発した新チタン合金で、ゴムのような性質を示し、しなやかで高強度、腰も強いという不思議な合金です。一般のチタン合金よりも遙かに錆びにくく、軽く、しかも限りなく人体に優しい合金で、自動車のスプリング、ゴルフクラブや釣り糸などのスポーツ用品、人工骨をはじめとする医療機器、時計のケース等に使われています。[ DUN GUMMETAL ]は、この21世紀の金属「GUMMETAL」を眼鏡に使用し、すぐれた弾性機能を生かしたかけごこちを実現させました。

このブランドの商品を見る

越前國甚六作(エチゼンノクニジンロクサク)

越前國 甚六作(エチゼンノクニジンロクサク)

「tsetse×越前國甚六作」の製作者、長谷川正行氏。現在、鯖江の眼鏡職人として父甚六の名を受け継いだ。1952年(昭和27年)に福井県越前市(旧武生市)で生まれ、中学を卒業後、眼鏡職人を目指し鯖江の眼鏡屋に弟子入り。以来50年、あらゆる眼鏡を手がける鯖江の職人の一人として現在も活躍中である。

このブランドの商品を見る

GROK(グロック)

GROK(グロック)

シックで大人な雰囲気を醸し出す機能美。
プレス加工を何度も繰り返し造りあげたブローパーツと、らせん状の特徴的なヨロイ構造のコンビネーションは、デザインとしてだけでなくバネ部の長さを確保してしなやかさと弾力性を上げる効果も持ち合わせております。

このブランドの商品を見る

HAMAMOTO(ハマモト)

HAMAMOTO(ハマモト)

プラスチックフレームは、通常、パーツごとに成型し組み立てられますが、私たちのブランド「HAMAMOTO」は、メタルフレームと同じ方法で製造しています。成型ではなく、まず金型をつくりプレスした後、切削(カッティング)をオートメーションで施し、組み立てる。これは、メタルフレームのオートメーション製造技術を持つHAMAMOTOだからこそできること。

このブランドの商品を見る

John Lennon(ジョンレノン)のメガネフレーム

John Lennon(ジョンレノン)

1960年代に活躍し世界的人気を得たロックバンド「ビートルズ」のリーダーであるジョン・レノンが愛用した丸眼鏡をベースにデザインしたアンティークテーストのフレームコレクション。

このブランドの商品を見る

KENT(ケント)

KENT(ケント)

英国の伝統的スタイル、 英国人気質を受け継いできた眼鏡。 ケント 1982年に眼鏡業界に彗星のようにデビューしたアイウェアブランド、ケント。 眼鏡の持つ精巧な美しさと頑固なまでのモノ作りへのこだわりを表現しました。 いまファッションのトレンドがイタリアから英国へと移行しています。 そんな中、英国の伝統的スタイルと英国人気質を現代に表現した眼鏡、ケントが蘇ります。

このブランドの商品を見る

Manhattan Design Studio(マンハッタンデザインスタジオ)

Manhattan Design Studio(マンハッタンデザインスタジオ)

プロレス 藤波辰爾
2019 COLLABORATION COLLECTION
テンプルの長さ、横幅を顔幅の広い人向けのビッグサイズに仕上げました。
更にデザインにも妥協せず、掛けてカッコイイ印象のメンズフレームです。

このブランドの商品を見る

銘品晴夫作(メイヒンハルオサク)

銘品晴夫作(メイヒンハルオサク)

「銘品晴夫作」は、7枚丁番使用によるスムーズな開閉と、ノー芯仕様で美しいテンプルが特徴の日本製セルロイドフレーム、丹念に造った熟練の手でしか成し得ない伝統の逸品です。

このブランドの商品を見る

monblue(モンブルー)

monblue(モンブルー)

monblue(モンブルー)は、 従来の溝線の代わりに、βチタンシート材に特殊な工程を施して、レンズ保持機能を持たせたフロント構造です。従来の複雑な製造工程を減らす事に成功し、テンプルにはバネ性のあるチタン材を使用してるので装用感は軽く、ストレスの少ない掛け心地を体感できます。

このブランドの商品を見る

NOVA HAND MADE ITEM(ノバハンドメイドアイテム)

NOVA HAND MADE ITEM(ノバハンドメイドアイテム)

一山、セルロイドなどクラシックモデルシリーズを代表作として、「NOVA」オリジナルフレームを企画販売。また、デザイン、最先端技術を集結したハウスブランドを多数展開中。社名がNOVA(新星)であるように、常に新しい流行をキャッチし、それを商品に反映している。

このブランドの商品を見る

SAXE BLUE(ザックスブルー)

SAXE BLUE(ザックスブルー)

SAXE BLUE それは灰青色(はいあおいろ/はいせいしょく)のことをいう。
その名が示す通り青みがかった灰色があり、日本の伝統色の一つとしても挙げられている。
その色目のように良い意味でどこか不透明でそれでいて、影を秘めたようなクールで大人びたイメージがある。

このブランドの商品を見る

Slimly(スリムリー)

Slimly(スリムリー)

強度用近視メガネフレーム
-5.00以上の強度近視の方に向けたフレームです。

このブランドの商品を見る

SWANS(スワンズ)

SWANS(スワンズ)

創業105年を越える
“Made in JAPAN”のレンズメーカーが創る安心と安全。
1911年(明治44年)、大阪で眼鏡レンズ加工業として産声を上げた山本光学がその技術をスポーツシーンに応用すべく
1972年に世に送り出したのが「SWANS」です。105年を越える歴史の中で培われた技術は、
トップアスリートだけではなく、様々なユーザーの安全で快適な視界を護るバリエーション豊かなラインナップに活かされています。

このブランドの商品を見る

角矢甚治郎(カドヤジンジロウ)

匠 角矢甚治郎作(タクミカドヤジンジロウサク)

セルフレームの手造り眼鏡に一業一貫すること三十有余年・・・セル職人「角矢甚治郎」。非常に複雑な作業工程を一人でこなす匠の技は、セル職人の中でも突出した存在であり、その熟練された本手造製法は、型出し・やすりがけから最終の磨き作業まで、一切機械に頼らず、一本一本を丹念に仕上げられています。今では希少価値である、「本セルロイド生地」と幻の「七枚蝶番」を継承する甚治郎フレームは、まさに職人としての技術と努力の結晶が造り出した、極上の掛け心地をお約束する至上の逸品です。

このブランドの商品を見る

天武(テンム)

天武(テンム)

理想的な眼とレンズの位置に調整できる、
剣道用メガネ『天武』

このブランドの商品を見る

THE291 金治郎(キンジロウ)

THE291 金治郎(キンジロウ)

プラスチックフレーム一筋60年の匠「増永 金治郎」。彼の名を冠したこのフレームは、セルロイド磨きの熟練の技が創り出すエッジ、ツヤ感を最大限発揮できるようデザインされています。
THE291は、産地と一人一人のお客様とをつなぐために誕生しました。産地統一ブランドとして、産地が持つ、基礎研究、技術開発、デザイン力、さらに異業種との連携といった産地のパワーを集結させ、「made in Japanの顔」となることを目指しています。

このブランドの商品を見る

THE291 三木文二(ミキブンジ)

THE291 三木文二(ミキブンジ)

伝統の職人技が生きたレトロな逸品 「美しすぎる」 眼鏡 三木文二作
数々の眼鏡を作り 50 年経過した今最高の職人技は、掛けた時のバランスは
昔ながらの手法で一本一本丁寧に作りあげるからこそ、安心感が生まれる。
戦後の昭和 22 年 2 月 22 日隠岐に生まれ
18 歳で鯖江にて眼鏡製造をはじめ 53 年の時を経て
全ての製造工程 「部品 ・ 加工 ・ 磨き」 最終工程まで熟知し今に至る。
THE291は、産地と一人一人のお客様とをつなぐために誕生しました。産地統一ブランドとして、産地が持つ、基礎研究、技術開発、デザイン力、さらに異業種との連携といった産地のパワーを集結させ、「made in Japanの顔」となることを目指しています。

このブランドの商品を見る

THE291 丹羽雅彦(ニワマサヒコ)

THE291 丹羽雅彦(ニワマサヒコ)

伝統の職人技が生きたレトロな逸品「美しすぎる」眼鏡、丹羽雅彦作。昭和初期のヴィンテージフレームをクラシックフレームの権威的職人が完全復刻。「丹羽雅彦」シリーズは最新素材と職人技が見事に融合した逸品です。
THE291は、産地と一人一人のお客様とをつなぐために誕生しました。産地統一ブランドとして、産地が持つ、基礎研究、技術開発、デザイン力、さらに異業種との連携といった産地のパワーを集結させ、「made in Japanの顔」となることを目指しています。

このブランドの商品を見る

THE291 匠技 敬司作(ショウギケイジサク)

THE291 匠技 敬司作(ショウギケイジサク)

100年後も色褪せないデザインをコンセプトに掲げるシリーズ。流行に左右されないシンプルなデザインに職人技が生き、ものづくりへの真摯な姿勢と情熱のもと説明不要の逸品が生まれた。
THE291は、産地と一人一人のお客様とをつなぐために誕生しました。産地統一ブランドとして、産地が持つ、基礎研究、技術開発、デザイン力、さらに異業種との連携といった産地のパワーを集結させ、「made in Japanの顔」となることを目指しています。

このブランドの商品を見る

tsetse×越前國甚六作(ツェツェ×エチゼンノクニジンロクサク)

tsetse × 越前國 甚六作(ツェツェエチゼンノクニジンロクサク)

「職人技×design」鯖江の眼鏡職人と気鋭のブランド「tsetse」とのコラボ作品。鯖江が誇る世界最高水準の眼鏡職人の技術と、ノーコンセプトを提唱する奇抜なデザインを融合させることで、今までのセルロイドのイメージを一新したクールなニューブランド。

このブランドの商品を見る

Ukuru(ウクル)

Ukuru(ウクル)

チークホールドシステム(実用新案登録済)
見た目がすっきりでメガネを外した時も鼻に「パッド跡」が残りません。
「チークパッド」と「モダン」でしっかりと支えてくれます。

このブランドの商品を見る

YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト)

YOHJI YAMAMOTO(ヨウジヤマモト)

日本のファッションデザイナーである山本耀司は、1972年にワイズを設立。1981年、Yohji Yamamotoブランドでパリコレクションに初参加。”黒の衝撃”と称され一大旋風を巻き起こします。
ブランド創立以来、彼の哲学に基づいたその反骨精神により、ファッション界に革命をもたらし影響を与え続けています。
2015年にローンチしたヨウジヤマモトのアイウェアコレクションは、「本質への統合」「非対称」「異素材との組み合わせ」「伝統とモダンの融合」という、彼の持つデザインスタイルをインスピレーションにして、デザインされています。

このブランドの商品を見る

伊藤光学工業(イトウコウガクコウギョウ)

伊藤光学工業(イトウコウガクコウギョウ)

眼鏡レンズのコーティングを国内で初めて実用化したのは私たちでした。以来、プラスチック眼鏡レンズの表面硬度向上(ハードコート)、反射防止(ハードマルチ)、耐衝撃性向上(プライマコート)、撥水加工、汚れ防止、紫外線カット、赤外線減光処理など世界最先端のコーティング技術の開発によって、常に業界をリードしてきました。伊藤光学グループの中核をなす眼鏡レンズ部は、コーティングという技術を通して、レンズにさまざまな機能を与えます。

このブランドの商品を見る