日本製・鯖江産メガネブランド専門店

プロ野球審判員(袖番号30)・USGTFティーチングプロ|丹波幸一

同級生の丹波さんがフェイスブックで投稿してくれていました!

眼鏡人間のオリジナル

セルロイドの表面がデニム生地のように使えば使うほどに体に馴染んでくるような色落ち感!

注目される近赤外線+紫外線+ブルーライトカットで、唯一のむき出された臓器を守ります

セミオーダーの近赤外線サングラス
フレーム :m7,MEGANENINGEN 7-55
レンズ  :l1,メガネ・近赤外線サングラス・伊達メガネ・老眼鏡・PCメガネ用(要フレーム注文)
度数   :度なし
コート名 :IRブルーカットコート
レンズの色:メニモ167・グレー50

ひとりごと

丹波のジェスチャーは野球通が惚れる、アメリカ仕込みのアンパイアスタイル!

なんと、野球漫画「ドカベン(水島新司作)」にも出てるんですよ!

野球場に行って、丹波さんのかっこいい「ジェスチャーとコール」をチェックして見てね!

インタビュー

1,自己紹介
丹波幸一(Koichi Tamba)
1970年2月10日生
兵庫県西宮市出身、京都産業大学卒業

プロ野球審判ながら、ゴルフもティーチングプロの資格を持つ。
本業が究極のプレッシャーを感じる職種なこともあり、ゴルフでのメンタルの重要性と心の操作方法をわかりやすく講演で語ることが評判となり、最近では女子プロゴルファーや力士のメンタルアドバイスも担当している。

2,将来の夢
趣味のゴルフは好きというレベルを超えていて、ゴルフで繋がる人脈や可能性を魅力として伝えていきたい。

3,ファッションのこだわり
シンプルで機能性があるものを取り入れたい。
モノにあふれる時代で、まずは自分自身を知り、自分自身と出会うことからチョイスする。