日本製メガネブランド専門店

セルロイド眼鏡の特徴(プラスチックフレーム)

※セルロイド材を使用しているフレームは、約170℃で燃えだしますので、ストーブなどの火の近くには置かないでください

プラスチックフレームには「アセテート素材」と「セルロイド素材」があって、
現在の約90%は「アセテート素材」ですが、
眼鏡人間では「セルロイド素材」のメガネフレームを中心に取り扱っています。

短所
普通に使用・保管していれば大丈夫ですが、発火性があるのでご注意ください。
セルロイド眼鏡を作れる、めがね職人さんが少ない。
めがね職人さんの手作りなので、時間がかかる。

長所
弾力性があって、衝撃にも強くて丈夫。
使えば使うほどに、顔に馴染んでくる。
使えば使うほどに、独特のツヤが出てくる。
※まるでジーンズのデニム生地みたいでしょ!

ひとりごと
※まるでジーンズのデニム生地みたいなので、作っちゃいました!

MEGANENINGEN
※10月中旬限定販売開始

「メガネ × ジーンズ」
今では希少なセルロイド素材のメガネフレームを、
日本のメガネ産地福井県鯖江市の眼鏡職人の熟練の技で創りだす、
まるでレプリカジーンズ(デニム)のような細部へのこだわりと色落ち感をプラス。